So-net無料ブログ作成

普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日朝、韓国の哨戒艦沈没事件に北朝鮮が関与した公算が高まる中、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について「今、朝鮮半島は緊迫しています。アジアの情勢、あるいは日本の平和のためにも、(普天間問題は)5月末の決着に向けて最終的な努力をしているところです」と述べた。

 首相公邸前で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
鳩山首相「キョロキョロしていると批判される…」
小鳩コンビ「普天間&カネ」問題で“逃げの一手”決め込み
「首相発言」案 手続きより打開策決めよ
中国海洋パワー 南西防衛戦略を確立し国益守れ
福島社民党党首 「首相発言」での決着に反対
中国が優等生路線に?

<地位乱用>岡山のスーパーを初の立ち入り検査 公取委(毎日新聞)
無煙たばこ 東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
広島少年院暴行、元法務教官に2審で猶予判決(読売新聞)
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解(産経新聞)
小沢氏、政倫審で弁明検討=政治資金問題(時事通信)

連立離脱も選択肢=普天間の県内移設けん制−社民の照屋国対委員長(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。